こんにちは!
埼玉県新座市に事務所を構えて、東京や埼玉の各地で幅広く土木工事や造成工事を手掛けている宮下工業株式会社です。
土木工事の現場監督はどのような装備で仕事に臨んでいるのでしょうか。
今回は、土木工事の現場監督がもっておくべき道具について、基本装備と便利アイテムに分けてご紹介していきます!
ぜひ最後までご覧ください。

基本装備

土木作業員
土木工事の現場監督が身につける基本装備として、搬出入作業や資材を触る際に使う手袋があります。
また、高所作業の際に必要な安全帯は、命を守る道具として慎重に選ばなくてはなりません。
安全靴やヘルメットも大切な基本装備です。
腰袋と呼ばれる現場で持ち歩く道具をしまうための袋は、自分の持ち物に合わせて吟味するようにしましょう。
スケールと呼ばれるメジャーもかなり重要な道具です。
他にも、カッターや鉛筆、手持ちライトや靴カバー、電卓などが現場監督が身につける基本装備として挙げられます。

便利アイテム

土木工事の現場監督は体力勝負な面もあるため、できる限り身体の負担を軽減させられるような便利アイテムを所持しておくことが大切です。
例えば、安全帯サポートベルトを使うことで、安全帯のずれを軽減でき、安全帯と身体がこすれる痛みから解放されるでしょう。
電熱式インナー手袋を軍手の下に使用することもおすすめです。
冬の工事現場は冷えますが、電熱式インナー手袋を活用することで指先から凍えることを防げます。

宮下工業へご相談ください!

土木工事や下水道工事のことでお困りのことはありませんか?
弊社は、土木工事や下水道工事などにおいて多くの実績を誇っておりますので、関連するご相談は何でも承ります!
工事のご依頼は、お電話や公式Webサイトのお問い合わせフォームから受け付けておりますので、ご連絡いただければ幸いです。
ご依頼に際して不明な点がございましたら、何でもご質問ください。

【求人】宮下工業では新規スタッフを募集中!

人を指す秒針
弊社では、埼玉県を拠点として土木工事や舗装工事、下水道工事などを行っています。
一緒に働いてくださるスタッフの方を募集しており、特に現場監督や重機オペレーターとして活躍してくださる方を募集しています。
土木工事や舗装工事、下水道工事は私たちの生活を支えるという点でとても大事な仕事です。
私共はこの仕事にやりがいと誇りを持ち、日々邁進しております。
皆様も一緒に社会に貢献する仕事をやってみませんか?
皆様からのご応募を心よりお待ちしています。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


宮下工業株式会社
〒352-0034
埼玉県新座市野寺2-8-1 野島ビル208
TEL:048-234-3173 ※営業電話お断り