こんにちは!
宮下工業株式会社です。
埼玉県新座市に拠点を構え、埼玉県・東京都の各地で一般土木工事・舗装工事・造成工事などの業務を行っております。
近頃の造成工事現場をはじめとする建設工事現場では、低騒音型建設機械が利用されている現場もあります。
今回は、そんな低騒音型建設機械についてご紹介いたします。

工事現場の騒音問題

悩む女性
工事を行う上で重機・機械などの使用により多少の音は発生するものであり、避け難いものですが、配慮の欠けた工事の騒音で望まないご近所トラブルや周囲への被害は避けたいものです。
特に建設工事関連の工事に騒音問題は付きものであり、それゆえに対応する法律も存在しています。
その内のひとつの騒音規制法には、施工現場から他の土地に切り替わる境界線地点で 騒音レベルが85デシベルを超えないよう定めています。
一般的な話し声は60デシベル程度と言われており、100デシベルともなると電車が通る際の下のガードと同じような数値です。
騒音レベルは、数値が大きくなればなるほど音が大きいと感じる程度も上がります。

低騒音型建設機械とは

建設工事現場で起こるさまざまな振動や、それに伴う騒音などを軽減するために開発された低騒音型建設機械と呼ばれる機械があります。
国土交通省によって「騒音が相当程度軽減された建設機械」と指定されたものです。
これら建設機械は、生活環境に配慮すべき地域で行う工事においては、騒音対策として使用を推進されています。
加えて、低振動型建設機械の指定に関する規定の中には、すでに低騒音機械として指定されたものの内で、騒音基準値を一定数下回る騒音を発する機械については、超低騒音型とし、その文言が記されたラベルを表示できるとしています。
低騒音型建設機械を積極的に現場に導入することにより、お客様や周りのご近所の方々も安心でしょう。

宮下工業へご相談ください!

バインダーに挟まった紙と電卓とペン
宮下工業株式会社では、新規ご依頼を募集中です。
弊社は、地域に根付いたさまざまな土木工事から擁壁工事までを扱う会社です。
創業以来のたくさん対応案件から身につけた技術と経験で、お客様の理想に近づけるような施工をご提案してまいります。
ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

【求人】宮下工業では新規スタッフを募集中!

宮下工業株式会社では、新規スタッフを募集中です。
現場監督や重機オペレーターの経験がある方は歓迎しておりますが、建設業でキャリアアップを目指す意欲のある未経験の方もご応募いただいて構いません。
皆様と顔を合わせる日を心よりお待ちしておりますので、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


宮下工業株式会社
〒352-0034
埼玉県新座市野寺2-8-1 野島ビル208
TEL:048-234-3173 ※営業電話お断り