こんにちは!
埼玉県新座市などを中心に、一般土木工事・舗装工事・造成工事などを手掛けている宮下工業株式会社です。
造成工事を行うと造成地が形成され、完成した造成地の上に建設物が建つようになりますが、完成する造成地はどのような方法で安全性を保っているのでしょうか。
今回の記事では、造成工事における造成地の安全性についてご紹介します。

造成地について

土地を平たくしている
造成地とは、傾斜のあるでこぼこした土地を平たくならして建物が建設できるような工事が施された土地のことですが、建物を形成するための土地の造成方法には、切土と盛土の2つの種類と埋め立てや地盤改良などの種類があります。
造成工事を施す目的には、土地の形を変更したり建物が建設されやすいよう高低差を整えたりする目的があります。
他にも、地盤が弱く安定しない場合は地盤改良を施す場合もあり、将来土地を安心して長期的に利用するためには、造成地を良い状態に保っておく重要性は大きいといえるでしょう。

造成地と安全性

先ほどご紹介した造成方法の盛土と切土には、地盤の安定性の違いもあります。
切土は元ある土地から土や岩を削って切り取り、造成地を作る工法です。
一方で盛土は、現場の土地に土を加えて新しく土地を作っていく工法ですので、押し固められた土を削って作る切土の方が地盤の安定性が高いです。
しかし、切土のほうが地盤が安定しているとはいえ、高低差のある土地で施工を行う場合は、高低差をなくすため盛土の工法を必要とすることもあります。
その場合は、地盤強度に差異が出るため注意が必要ですが、盛土の強度に不安が残る場合には造成段階で地盤を補強するための工事を施す場合もあります。
どのような施工を行っていくのか、造成前の土地をしっかりと地盤調査をして、必要な工程を見極めることが重要です。

宮下工業へご相談ください!

電卓の上に乗るペン先
宮下工業株式会社では、新規受注を承っております。
弊社では埼玉県や東京都の各地で、一般的な土木工事から擁壁工事・下水道工事などの工事を行っています。
お客様のご期待に十分に答えられるよう、誠実かつ確実に業務をこなすことに邁進している会社です。
いつでもプロフェッショナルな施工をいたしますので、上記工事でお困りの方はご相談・ご依頼ください。

【求人】宮下工業では新規スタッフを募集中!

宮下工業株式会社では、新規人材を募集中です。
現場監督や重機オペレーターの経験がある方を歓迎しております。
少しでもご興味があれば、この機会に宮下工業株式会社でスタッフとしてともに働きませんか?
長く快適に働いていただくための保険や福利厚生なども完備しておりますので、安心してご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


宮下工業株式会社
〒352-0034
埼玉県新座市野寺2-8-1 野島ビル208
TEL:048-234-3173 ※営業電話お断り